【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

7813d4ca9183777fd252201c71fb2964 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①


前回の記事はこちら:【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day6-②

1.ナパ・バレー/Napa Valley

ドミトリーでベーグルの朝食

●7日目:2019/07/21(日)

宿泊したドミトリーは朝食サービスが付いていて、ベーグルとコーヒーをいただきました。

IMG 4415 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
IMG 9645 1 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ちなみに使った食器は自分で洗うシステムです。

IMG 8196 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ナパバレー「オーパス・ワン」の予約

この日は、念願だったナパバレーのワイナリーへ訪問します。

VELTRAのオプショナルツアーで直前に申し込んでみたのですが、催行人数が集まらずに、ツアー催行不成立となってしまいました。

299287133f9604c088c9c24cc8d345a5 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
ナパ ワイナリー4か所 オーパス・ワン&ヴィ・サトゥーイ&ロバート・モンダヴィ他 <日本語ガイド>

どうしてもナパバレーには行きたかったので、自力でなんとかして行く方法を探すことに。

まずはオーパスワンワイナリーの試飲の予約だけ取っておきます。

予約は簡単で、オーパス・ワンのサイトから訪問を計画するというページに行き、情報を入力するだけで予約できます。

bbd42bed1e9de32b92f8bc098edc19eb 1024x891 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
Opus One試飲のご予約

しばらくすると予約完了メールが届きます。現在はリニューアル工事中でテイスティングは特設会場での試飲になるようです。

5415ff4c8a04daa3a3aa5894f41f711b - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
オーパス・ワンからの予約完了メール

2.ヴァレーホ/Vallejo

サンフランシスコ・ベイエリアへ

サンフランシスコから電車とバスを乗り継いでいきます。

やはり車以外のルートはかなりハードです。しかも乗り継ぎ時間がタイトなので、完璧な乗り継ぎをしないと乗り遅れる可能性があり、かなり不安な道のり。

IMG 1357 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

まずは電車でWalnut Creek Stationまで向かいます。

IMG 1356 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

バスへ乗り継いで、ヴァレーホへ向かいます。

IMG 1661 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ヴァレーホからUBER Xを利用

ヴァレーホへは無事に到着しました。

ここからさらにバスを乗り継いでナパバレーへ向かう予定でしたが、バスが待てどもなかなか来ません。周りの人に聞いてみるとどうやら日曜日のためにバスが来ないのでは?とのこと。

そこで予定を変更してオーパス・ワンまではUBER Xを利用して向かうことにしました。

IMG 2494 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ナパバレーに近づいてくると、車窓からはワイン畑が見えてきて、テンションが上がります。UBERのドライバーさんがBilly Joelのピアノマンを流していたのが景色をマッチして、めちゃくちゃよかったです。

IMG 8590 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

40分ほどでナパバレーへ到着。もともと4時間くらいかかる行程だったので、かなりの時間短縮になりました。

実はこのときにUBERのサービスを初めて使いましたが、このような土地勘の無い場所ではすぐに手配できて値段もリーズナブルなので便利です。

8a829a4dfca216880885258311fda069 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
「Uber」をApp Storeで

3.オーパス・ワン

カリフォルニアの人気ワイナリー

10:30ごろにナパバレーのオーパス・ワンに到着しました。

IMG 0402 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

試飲見学の予約していた時間よりだいぶ早く着いてしまいましたが、快く変更をOKしてくれました。

早速、テイスティングルームへと案内されます。オーパス・ワンは現在改装工事中で、仮の建物での試飲でしたが、立派な建物なのでぜんぜん気になりませんでした。完成は2019年の秋ごろとのことです。

IMG 1664 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

試飲は有料となり、それぞれ4オンスで2015年が50ドル、2013年が65ドル、オーバーチュアが25ドルでした。1オンスはだいたい30mlです。2オンスですべて試飲できるセットが75ドルだったのでそれにしました。

IMG 5372 1 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ラッキーなことに日本人女性の方がオーパス・ワンで働いていて、いろいろ話を聞くことができました。

IMG 0486 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

窓際のワイン畑がよく見える席に案内してくれました。

IMG 4872 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

2013年は傑作と呼ばれるだけあって、素晴らしいブーケとアロマです。2015年はフルーティーで果実味にあふれるテイスト。オーバーチュアは様々な年のものをミックスしていて、飲みやすく料理に合わせやすいものでした。

IMG 4860 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ちなみにここでもオーパス・ワンは購入できますが、代理店の販売の兼ね合いもあるので、値段に差をつけていないとのこと。実際にここで購入する価格はネットでの価格とそこまで大差は無かったですが、僕はオーバーチュアを1本購入しました。

IMG 0184 1 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

外に出てワイン畑を眺めます。気候もよく、気持ちがいいです。

IMG 5625 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

素晴らしいワイナリーでした。またリニューアルが終わったら再訪したい場所です。

IMG 6531 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

4.ロバート・モンダヴィ・ワイナリー

カリフォルニアワインの父 ロバート・モンダヴィ

その後、オーパス・ワンから徒歩でアクセスできるロバート・モンダヴィワイナリーへ。途中でワイントレインが停車していました。

IMG 7500 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ロバート・モンダヴィ・ワイナリーはカリフォルニアワインの父とも呼ばれ、カリフォルニアワインの発展に大きく貢献した第一人者でもあります。

IMG 5955 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

見学ツアーは予約が必要ですが、今回は試飲だけにしたので、そのままテラス席でワインをいただきます。

IMG 4978 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①
IMG 0605 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

赤ワインのピノ・ノワールとナッツをいただきました。心地よい気候と涼しい風が相まって、つい長居してしまいます。

IMG 4304 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

ちなみにナパバレーはサンフランシスコより北にあるのに気温が若干高いです。なぜかというと、サンフランシスコは海風が天然のクーラーとして機能しているからだそうです。あと、サンフランシスコ名物の霧が気温上昇を抑える効果を果たしているそうです。

IMG 8418 - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

5.サンフランシスコの社会問題

急騰するサンフランシスコの地価と急増するホームレス

帰りもUBERを利用して、一旦ヴァレーホへ。ドライバーのおじさんといろいろサンフランシスコの話をしました。

その話がなかなか興味深い内容だったので、書いていきたいと思います。


おじさんはもともと東海岸生まれで、30年ほど前からサンフランシスコに来て育った。今では危険と言われているテンダーロイン地区で育ったが昔は今ほど治安が悪くなかったそう。

ev IWJH l vb4k unsplash - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

なぜ状況が変わったのかというと、数多くのIT企業がサンフランシスコとサンノゼの間にあるシリコンバレーに来て、富裕層がこぞって不動産を購入し、地価が暴騰したから。そのことが影響し、住む場所を追われた貧困層は仕方なく路上生活者となってしまった。サンフランシスコでは、ホームレスの問題が以前より顕著になっている。

raivis razgals i6Y rXrIUko unsplash - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

IT企業の富裕層の流入と、経済格差についてはどこの大都市でも起こっていることですが、サンフランシスコでは様々なバックグラウンドの人が共存しているので、これは入り込んでいて複雑な社会的問題だそうです。

サンフランシスコは自由で魅力あふれる都市ですが、一方でこのような問題も内包していることを理解しておくことは旅をする上で重要です。

ただ、最近はその状況を変えようとしている動きもあるそうです。

ドヤ街「テンダーロイン」の首領、影の市長
 さて、まずはテンダーロインの最前線を語る上で欠かせない人物がいるので紹介したい。
「元ホームレス・元ドラッグ中毒者・元ドラッグディーラー」、テンダーロインといえば、の三名称を見事にコンプリートする男。テンダーロインに腰を据えて32年、路上の隅から隅までを知り「非公式なテンダーロインの市長」と呼ばれるのは、 Del Seymour(デル・シーモア、68歳)だ。

code tenderloin social media 15b - 【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-①

Image via Del Seymour

 イリノイ州シカゴ生まれ。ベトナム戦争から帰還後あてもなく片道の航空券を購入、西海岸へと向かい結婚を機にサンフランシスコへと辿り着く。そんな若き日の彼を待ち受けていたのがテンダーロインの路上だった。
「ある朝、気づいたらテンダーロインの路上で目覚めたんだ」。以来18年間にもわたり、ドラッグ中毒者として路上を彷徨っていた。
 テンダーロインという街を体験してきたシーモア、貧困・失業にあえぐ危険地帯の現状を変えようと、目下奮闘するプロジェクトがある。「Code Tenderloin(コード・テンダーロイン)」、テンダーロインの路上生活者を最終的にはテックカンパニーに送り込む。

ツイッター本社の移転先は「治安最悪・危険地帯」。サンフランシスコのドヤ街テンダーロインがテック企業注目エリアへ?

次の記事では、サンフランシスコ近代美術館を中心にご紹介します。

次の記事はこちら:【コラム】アメリカ横断バックパッカーの旅Day7-②